おすすめ音楽 NE-YO / I’m In Love

ベッドサイドでBGMとして流すといいムードを醸し出してくれそうなカップルにぴったりのセクシーな音楽をご紹介します。
スロー~ミディアムテンポの洋楽・邦楽バラードR&Bが中心になります。

今回はNe-Yo(ニーヨ)です。
イントロから美しいピアノの旋律でリスナーの心をグッと掴んでいますね。

以下のサイトにこの歌の和訳がありましたので参考までに上げておきます。
https://ameblo.jp/torontonian54/entry-11101677949.html

アーティスト名:Ne-Yo
曲名:I’m In Love
リリース:年

Ne-Yo
アメリカ合衆国アーカンソー州出身のR&Bシンガーソングライター、音楽プロデューサー。アフリカ系アメリカ人だが、彼の母方の祖父が中国系アメリカ人。1979年10月18日生まれで身長173cm。

ネバダ州ラスベガスにて母親はピアニスト、父親はベーシスト、家族全員がシンガーという音楽一家の家庭環境で育つ。高校時代にエンヴィー(Envy)というボーカルグループに所属。マーカス・ヒューストンの「That Girl」がデビュー曲になる予定だった。名前は友人がマトリックスでキアヌ・リーブス演じるネオ(Neo)から付けた。権利上の都合や新しいものだという意味をこめ、綴りをNe-Yoに。

デフ・ジャムとの契約を機にピーディ・ピーディ(Peedi Peedi)の「Stay」やゴーストフェイス・キラー(Ghostface Killah)の「Get Down Like That (Remix)」など多くのアーティストと競演したり、プロデュースしたりしている。デビュー前にマリオ(Mario)に2004年リリースの「Let Me Love You」を提供し、その大ヒットを受けて話題になった。後にJAY-Zと初めて会った際、「どうしてLet Me Love Youを自分で歌わなかったんだ!」と言われたというエピソードがある。

2006年には満を持してデビューを果たす。

Wikipediaより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする