おすすめ音楽 Brian McKnight / Anytime

こんにちは、店長ナカムラです。

ベッドサイドでBGMとして流すといいムードを醸し出してくれそうなカップルにぴったりのセクシーな音楽をご紹介します。
スロー~ミディアムテンポの洋楽・邦楽バラードR&Bが中心になります。

今回はBrian McKnight(ブライアン・マックナイト)です。
全編に流れるピアノの旋律がむちゃくちゃ美しいラブバラードです。ヘッドフォンで聴くとよくわかるんですが、美しい中にもところどころで聴かれる不協和的なテクスチャーが隠し味となって曲に深みをもたせていますね。すごくいい曲なのでぜひ聴いてみてください。

以下のサイトにこの歌の和訳がありましたので参考までに上げておきます。

https://la13jb.amebaownd.com/posts/765189

アーティスト名:Brian McKnight
曲名:Anytime
リリース:1997年

Brian McKnight
ブライアン・マックナイト(Brian McKnight, 1969年6月5日 – )はアメリカニューヨーク州バッファロー出身の歌手で作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。ピアノ、リード・ギター、ベース・ギター、ドラム、パーカッション、トロンボーン、チューバ、フレンチ・ホーン、トランペットといった楽器の演奏もする。

5人兄弟の末子として音楽一家に育つ。テイク6のメンバーのクロード・マックナイトは兄の一人である。幼少時に教会でゴスペルを歌っており、高校時代にはバンドリーダーをしていた。この頃にピアノやギターなどの楽器をマスターしていった。コンピューター関連の大学に就学するが、傍らデモ・テープを作り上げ、いくつものレーベルにデモ・テープを送り、マーキュリー・レコードと契約する事となる。大学は中退している。1992年にセルフタイトルでデビューする。以降プロデュース業もしていく事となる。尚、兄クロードはテイク6のメンバーの一人が脱退し、メンバー再考の際にデビュー前のブライアンを誘うが、彼は断っている。3枚目のアルバムAnytimeは200万枚以上を売り上げ、グラミー賞にノミネートされた。このアルバムを最後にモータウンに移籍、その第1弾Back at Oneは300万枚以上売り上げた。

彼は多くのミュージシャンと共演しており、ショーン・コムズ、メアリー・J・ブライジ、ヴァネッサ・ウィリアムス、カーク・フランクリン、フォー・リアル、マライア・キャリー、ボーイズIIメン、クリスティーナ・アギレラ、セント・ルナティックス、クインシー・ジョーンズ等が上げられる。

Wikipediaより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする