おすすめ音楽 Aaliyah / Age Ain’t Nothing But A Number

こんにちは、店長ナカムラです。

ベッドサイドでBGMとして流すといいムードを醸し出してくれそうなカップルにぴったりのセクシーな音楽をご紹介します。
スロー~ミディアムテンポの洋楽・邦楽バラードR&Bが中心になります。

今回はAaliyah(アリーヤ)です。
私は、ヒップホップにはまっていた時期がありティンバランドが好きだったのですが、彼がプロデュースしている女性アーティストということで存在を知りました。この作品はR・ケリーがプロデュースしていますが、しっとりしたバラードも聴きごたえがあって素晴らしい楽曲に仕上がってますね!

アーティスト名:Aaliyah
曲名:Age Ain’t Nothing But A Number
リリース:1994年

Aaliyah
アリーヤ(本名:Aaliyah Dana Haughton, 1979年1月16日 – 2001年8月25日)は、アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン出身の歌手、女優。「アリーヤ」とはスワヒリ語で「最高の存在」という意味。

アフリカ系アメリカ人とアメリカインディアンの両親のもとで1979年にブルックリンで生まれ、5歳のころにデトロイトに移る。6歳で『アニー』の舞台に孤児役として立ち、ニューヨークを中心に9歳から芸能活動を始める。11歳の頃はラスベガスでショーをこなしていた。

1994年、わずか15歳で、グラディス・ナイトの元夫でありアリーヤの叔父でもあった音楽プロデューサー兼BlackgroundレーベルCEOのバリー・ハンカーソンの紹介により、R・ケリーがプロデュースしたデビュー・アルバム『エイジ・エイント・ナッシング・バット・ア・ナンバー』をリリース。二人は公私ともに恋愛関係にあったとされるが、実際の付き合いが語られることはなかった(二人の婚姻については諸説あるが、彼女は当時15才であったが18才と年齢を詐称をしてR・ケリーと婚姻届を提出。後に発覚し、不受理となった)。その後、スキャンダルのけじめを付ける為にR・ケリーとの関係を公私共に断ち、ティンバランドを名プロデューサーとして世に知らしめたセカンド・アルバム『ワン・イン・ア・ミリオン』を1996年リリース。

歌手としての活動にとどまらず、ジョエル・シルバー製作カンフー・ヒップホップ映画第一弾『ロミオ・マスト・ダイ』でヒロイン、トリシュ・オーデイ役としてジェット・リーと共演、2000年公開された。劇中ではアクションシーンもこなし、スクリーンデビューを果たす。同映画主題歌『Try Again』が大ヒット。同曲は2001年のグラミー賞にノミネートされた。

2001年サード・アルバム『アリーヤ』が発表され、映画『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』の出演も決定するなど、人気が絶頂に達していた同年8月25日(1999年から交際していたボーイフレンドであったロカ・フェラ・レコードのCEO、デイモン・ダッシュと会うために予定を繰り上げたといわれている)、『Rock The Boat』のPV撮影を終え、バハマ北部にあるマーシュハーバー空港から搭乗したフロリダへ向かうセスナ402が離陸直後墜落、死去した。22歳没。

Wikipediaより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする