おすすめ音楽 Marques Houston / Naked

ベッドサイドでBGMとして流すといいムードを醸し出してくれそうなカップルにぴったりのセクシーな音楽をご紹介します。
スロー~ミディアムテンポの洋楽・邦楽バラードR&Bが中心になります。

今回はMarques Houston(マーカス・ヒューストン)です。
メロウなサウンドが印象的なラブバラード。PVではタイトルのnaked(裸という意味)に合わせて上半身裸の鍛え上げられたセクシーな肉体で歌い上げてくれます。

アーティスト名:Marques Houston
曲名:Naked
リリース:2005年

Marques Houston
1990年代に「ネヴァー・ライ」「コンスタントリー」といったヒット曲で一世を風靡した3人組ボーイズ・グループ、イマチュア(1999年にはIMXと改名)のリードシンガーであったマーカス・ヒューストンは1981年8月4日、ロスアンゼルス生まれ。(ちなみに弟は人気グループB2Kのオマリオン、さらに3男オライアンも間もなくデビュー予定という、今注目の兄弟である。)

俳優としても活躍する彼は全米ネット1994年から1999年まで放映された人気コメディ・ドラマ“SISTER SISTER”のロジャー・エヴァンス役でレギュラー出演しお茶の間の人気をさらった。

その後映画界にも進出しコメディ・ムービー「GOOD BURGER」や「HOUSE PARTY4」等に出演。最新作2004年1月末全米公開のヒップホップ映画「YOU GOT SERVED」(共演:B2K、リル・キム)も控えている人気者である。さらにIMXとして2001年にアルバム『IMX』をリリースした後は、デスティニー・チャイルドの『WRITING ON THE WALL』やB2Kの『PANDEMONIUM』を共同プロデュースするなどプロデューサーとしての活動も開始し、マルチな才能を発揮している。

TV出演によって全米のティーン誌「RIGHT ON」や「BLACK BEAT」では、毎号記事が出る程のカリスマ的人気を誇っている彼が、2003年シンガーとして遂にソロ・デビューを果たした。泣かせる美メロ・トラック「THAT GIRL」、R・ケリーのプロデュース+人気MCジョー・バドゥンをフィーチャーした「CLUBBIN’」、ジャーメイン・デュプリを迎えた最新シングル「POP THAT BOOTY」という3曲を連続ヒットさせた彼は、満を持してアルバム『MH』をリリース。

R・ケリーやJデュプリが生み出す最新のビート、自身のアイドルだと言うマイケル・ジャクソンを思わせるファルセットを駆使した歌唱法、どこか昔のソウルに通じるメロディーなどR&Bの現在・過去・未来を凝縮したこのアルバムは近年稀に見るハイクオリティな傑作として日本でも話題沸騰中であり、R&Bの未来を担う新たな才能の登場に世界が注目している。

ワーナーミュージックジャパンより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする